性同一性障害の人が性別適合手術をするメリット・しないメリット

性同一性障害の当事者は全員、性別適合をしないといけないのか?

私自身は、自分が性同一性障害であると気づいたのが20代後半だったため、その頃には本来の性別(男)より、身体の方の性別(女)の方で生きることにすっかり慣れてしましました。

しかし自分の本来の性別が男の方だと気づいた時は、性同一性障害に関する知識がまったくなかっため流石に焦った覚えがあります。同時に自分は「性同一性障害の人で、性別適合手術をしてないバージョン」がなのだなと悟りました。

男が女の身体で生きていていいのか?黙って身体の性別で生きることは犯罪なのか……?(笑)
当時はまったく未知の世界でした。

性別適合手術をしない当事者もたくさんいる

Twitterを通じて、性同一性障害や性別違和のある当事者の方と何人もお会いしました。

  • 性別適合手術はせず、戸籍は女性のままだが、男性を自認していて、男性として生活している人
  • 性別適合手術はせず、戸籍は男性のままで、男性として仕事をしているが、女性を自認していて、プライベートでは女性の格好をしている

など、結論から言うと、性同一性障害だからこうしなければいけないということは全くなく、人それぞれだということが分かりました。

もし、性同一性障害の当事者だとしても黙っていれば何も問題ないが大原則です。
なので、むやみやたら「自分は性同一性障害だ」と言う必要はないということを感じました。

性別適合手術をするメリット・デメリット

自身の経験や、他の方の体験談を踏まえて、性同一性障害や性別違和のある人が性別適合手術をするメリット・デメリットを上げていきます。

性別適合手術をするメリット

性別によって前に進めない状態を打破することができる

多くの性同一性障害の当事者は、「身体の性別に邪魔されて、前に進めない状態」に苦しんでいます。
戸籍の性別で生きることが困難、仕事に就けないといった一刻を争う状態、性別適合手術を行い、前に進める状態になることが一番重要です。
手術に多額のお金がかかるとしても、一度しかない人生の中で、自分ではない自分で生きなくてならない状態で苦しんでいる時間はもったいないと私も感じています。

戸籍の性別を変えることができるため、「婚姻届」を出すことができる

FTMの方の中では、パートナーの女性と結婚するために戸籍変更を行うという方は多いです。
残念ながら日本では同性婚が認めていられないため、女性の戸籍のままだと、女性と結婚することはできません。なので同性婚が認められれば、性別適合出をする人は今より減ると思われます。

性別適合手術をしないメリット

親しい人や周囲の人間と揉めずに済む

性別適合手術をしない一番のメリットはこれだと思っています。
親など親しい人間と揉めずに済むこと。私が性別適合手術をしない一番の理由です。

しかし、果たして自分の本来性別(男)が、見た目の性別(女)と食い違った状態で生きることなんてできるのか……。
私自身、この問題が非常に大きかったですが、自分という存在を「性別以外の場所に置いている人」、具体的には、クリエイティブ仕事やに就いている人やデータサイエンティストなど専門知識で評価されている人などの場合、性別適合してないという人は意外と多いです。

また性別適合をしないのであれば、性別のことで悩まずに済む環境を自分で見つけるのがよいと思います。

性別適合手術のお金がかからずに済む

一般的に性別適合手術には150万~200万程度お金がかかると言われています。
手術以前に、毎月のホルモン注射代も馬鹿になりません。
お金がなくギリギリの状態で手術をしようかどうか悩むのではなく、どうしても戸籍の性別を変えないといけないタイミングまで待ってみてもいいのかなと思います。

まとめ

性同一性障害の方の中では、以下に早く性別適合手術ができるかということが重要視されがちですが、「性別適合手術しないで済む道」を見つける人ももっと増えてほしいと考えています。

私自身は、見た目は女性、声は男性な自分ですが、「そんな状態でも意外と生きられる」ということに自分自身が驚いてます。

とても簡単なことです。「自分というものは自分で作ってよい」のです。
これに気づいてから前よりずっと生きやすくなりました。
「誰かと比べての自分」ではなく、「自分がつくった自分」で生きてほしい、そんな気持ちです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました