VOICE OF GIDについて

性同一性障害に関する情報を発信します

「性同一性障害」いう言葉を、一度は耳にしたことがあると思います。
一般的に、「性同一性障害」は自認する性別と、身体の性別が一致しないため、様々な困難を持った人たちのことを表すのに使われます。

近年、LGBTの認知が広まる一方で、「性同一性障害の当事者は、個性であり、性別にとらわれない生き方をする人たち」という誤った認識も広がりつつあります。

私たちは決して、わがままで生きているのではありません。「男性なのに女性になりたがっている人、女性なのに男性になりたがっている人」でもありません。

性同一性障害は、性別が正常に分化しない身体の病気です。
自分の性別が、身体の方の性別にならないことがあるなんて最初に知ったときはびっくりしましたが、完全な男性・女性以外の状態で生まれてくることもある。それだけの話なのです。

性同一性障害であることでどのような困難があるのか。それらのリアルな情報を少しでも知ってほしいという思いから、サイトを立ち上げました。

関連記事:「性同一性障害」とは何か。なぜ性同一性障害が起きるのか。性自認とは何か。

あなたの声を他の当事者や世の中に届けませんか

VOICE OF GIDでは、性別不合(性同一性障害)当事者の皆様からの声も募集しています。
「私はここにいる」というのを残していただければ幸いです。

当事者の声の募集はこちら

【当事者の声】投稿受付こちら

わたしのSRS記録の募集はこちら

【わたしのSRS記録】投稿受付はこちら

サイト運営者について

プロフィール

Takenori

あべこべ生まれのWEBデザイナー。
1987年生まれ。性別不合(性同一性障害)で生まれる。(頭が男性、体が女性)
長い間、自身が性同一性障害ということに気づかないまま生き、女性として会社に就職。
28歳の時、インターネットを通じ当事者に会い、自身が性別不合であることを知る。

女性の見た目なのに男性ホルモン注射をしています

本来は「男性」であるはずが、性同一性障害で身体は女性で生まれてきた私。
身体が女性で「睾丸がない」ため、自分の体内で男性ホルモンを作ることができません。

「男性ホルモンが枯渇した男性の身体」の状態であるため、外部から男性ホルモンを注射し、自分の身体が最低限動くようにしてやる必要あり、現在は月に1~2回ほど、成年男性の半分程度の男性ホルモンを投与しています。

しかし社会的には女性として暮らしており、今から男性になりたいわけではないので、男性にならない程度にホルモン注射を打っています。悩ましい問題ですね。

私が女性の姿で男性ホルモン注射を打ちに行くと混乱するクリニックもありますが、男性ホルモンを必要としている事情を自分で説明できるので、これまでは特に何の偏見もなく処方してもらってます。

自助会のご案内

聞きたい人と話したい人が集まる場所。
コロナの影響でしばらく開催できておりませんが、自助会を定期的に行っております。
次回の開催は未定です。決まり次第こちらのサイトでお知らせします。

お問い合わせ先
jackotonashi(at)gmail.com

※(at)→@マークに変えてください

VOICE OF GIDの活動履歴

このサイトを立ち上げた背景

最初に書いた通り、性別不合(性同一性障害)は身体の病気です。
「男女の性別の枠ににとらわれたくないから身体の性別を変えている」という性同一性障害の当事者を私はほとんど見たことがありません。

もし、性別の枠にとらわれたくないから身体の性別を変えているのであれば、当事者はもっとジェンダー論の話で盛り上がっているはずなんですが、当事者ほどジェンダー論の話はしません。おかしいですよね……。
ジェンター論の話をしているのは、性同一性障害の当事者の人たちを「多様な性別で生きることを望む人たち」だと誤解している非当事者の人たちなんです。

性同一性障害ってジェンダー論とか、性の多様性とか、そういう問題ではないんだけども……。」
私がこのサイトを立ち上げた頃はこう考える人もとても少なかったですし、周りの人と違うことを言い出す人はいませんでした。しかしここ最近は、性同一性障害とLGBTは別物だと言える人が少しずつ増えてきました。嬉しい限りです。
説明が極めて困難なことでも、世の中の理解が少しずつ進めばいいなと思っています。

もう一つの背景

もう一つ、このサイトを立ち上げた大きな理由の一つに、「女性の身体であるにも関わらず、男性ホルモン不足を起こし倒れてしまったこと」が大きいです。
倒れてしまってしばらくは自分の身体を動かすこともままなりません。
自分の状態うまく説明できないのはもちろんのこと、「性同一性障害は個性で心の問題」という誤った認識が広がっていたため、適切な医療支援を受けることが極めて困難でした。
なにより仕事をやめることになってしまったのが死ぬほど悔しかったです。

それまで「性別適合したいわけじゃないから性同一性障害のことを調べる必要はない」と思っていた私でしたが、倒れてから3年間は、また倒れることがあるかもしれないし、自分の状態を説明できるようになりたいと思うようになり、日々情報収集に努めました。
もう知りたいことはほとんど調べ尽くした。その状態までたどり着いたので、VOICE OF GIDで発信していこうと決めました。

たまに、お礼のメッセージを頂くことがあります。
「知っていればこんなに苦しむことも、苦労することもなかった」
そういう方がどんどん増えていけばいいなと思います。

タイトルとURLをコピーしました